カテゴリ:past_exhibition



生きるを彩る分厚い手仕事展
 日々生きていることのキセキを感じます。毎日がささやかであってもの、心豊かに、楽しく過ごせたら。誰しもそのような思いをもっているはず。...
書家 河口瑛泉  画家 渡辺悠太 今を生きる2人が表現の可能性を求め 今を彩る世界観を作り出す 今こそアートの力を体感してください。 詳しくは>>
ギャラリー水の音企画の「かたち展」
時の赴くままに・・・展 2020.9.6(日)〜9.27(日) 時の赴くままに 気の向くままに そんな時間に身を委ねられたらとても幸せだろう 絵と靴下の織りなす時間をお楽しみください。 絵描き naomi 編み人 樋口弘子
f
コロナウイルス感染防止のため 日程を 2020年5月7日〜5月31日の変更いたしました。
時代により図工・美術教育は変遷する。しかし、そこにあるのはいつでも先生とワタシ… 少年時代のワタシにとって図工の時間や美術室は特別の意味があった。 あの頃のワタシに、先生がくれたものは何だったのだろう?? 憧れ?感化?共鳴? どのような作用があるにせよ、確かに美術のDNAが引き継がれていったことは間違いない。...
Line 線と表現 2019.8.3〜18日 表現の始まりはたった一本のLINE・線。まっすぐな線、生き生きとした線、不安げな線、線の変化で様々な表現が生まれる。線は面になり、面は量になり、絵画、彫刻など様々な表現となる。  今回は多様な7名の作家の作品を展示します。それぞれの作品から、その作家ならではの線を見つけ楽しんでもらえたら幸いです。

さらに表示する