透過する時間展 2020.5.2-5.31

透過する時間展

 

ミルフィーユのように幾重の層になって私たちの頭上を流れていく時間。透明な薄皮の重なってみえる色々が時代の風景を醸し出す。深い霧の中を探るようなイメージは曖昧でおぼろげであり、模索の中でさらに新たなビジョンが喚起される。

岐阜城の麓、100年のときを刻む古民家「水の音」にて、多様な表現、素材で時代を切りとり重ね合わせる作家たちそれぞれのアプローチをお楽しみください。

 

出展作家

家田陽介 板倉倫子 井戸義智 岡崎芳晴 迫田恵理子

竹内裕紀  TERAMAKI 林リウイチ 降籏一成

森真紀 渡辺悠太

 

イベント・ワークショップ

5月5日(火・祝)14:00〜

アートバトル 見学無料(ワンドリンク制)

当日明かされる素材に即興で挑む!出品作家によりアートバトル

 

5月10日(日)13:30〜

家田富美子ソプラノコンサート「母の日の歌」要予約

2000円(ケーキセット付き)

 

5月23日(土)・24日(日)13:00〜16:00

*時間内であれば随時参加可能

渡辺悠太「パッチワークショップ」

様々な素材の切れ端を組み合わせ、オンリーワンなコースターを作ろう!

家であまった布や紙切れ、ゴミなど素材の持ち込み OK。

1000円(ワンドリンク付き)