作家作品

ogawamariko

小川万莉子 Mariko Ogawa プロフィール

1987 熊本県生まれ

2014 京都造形芸術大学大学院 芸術表現専攻 ペインティング領域 修了 

個展  

2018  art gallery closet、東京 

2017  O ギャラリーeyes、大阪

       ひとよし森のホール、熊本 gallery moe、熊本    

グループ展 

2018  姫爛漫展(ギャラリー KINGYO、東京)

       夏のシンフォニー 2018(中和ギャラリー、東京) 

       19人の表現者たち展(K’s ギャラリー、東京) 

       第16回 NAU 21 世紀美術連立展(国立新美術館、東京) 

       1000 枚ドローイング no.2 (ギャラリー KINGYO、東京)

 

2017  夏のシンフォニー 2017(中和ギャラリー、東京) 

       トゥールビヨン 0(O ギャラリーeyes、大阪) 

       18 人の表現者たち展(K’s ギャラリー、東京) 

       萌の会(銀座スルガ台画廊、東京)

       草原展 平面 小品展(ギャラリー KINGYO、東京) 

       1000 枚ドローイング no.2(ギャラリー KINGYO、東京) 

 

2016   2016 Derby 展(ギャラリー KINGYO、東京) 

        トゥールビヨン 14 (O ギャラリーeyes、大阪) 

        贈りもの展 2016(ギャラリー恵風、京都) 

                                                    他多数 

matsumuraayaka_exhibition

松村綾香  Ayaka Matsumura プロフィール

1989  大阪府生まれ

2014 京都造形芸術大学大学院修了

 

 

個展

 

2017 第 51 回 L'ESPOIR 2017」(銀座スルガ台画廊/ 東京) 

2016 個展(ギャラリーヒルゲート/京都)

 

 

グループ展

 

2017 KyotoArtforTomorrow京都府新鋭選抜展2017(京都文化博物館/京都)

2015 琳派400年記念 新鋭選抜展(京都文化博物館/京都)

2014 京都府美術工芸新鋭展(京都文化博物館/京都)

2013 年 京都造形芸術大学 油画大学院・卒業生展「ORA 展vol.5」 (コート・ギャラリー国立/ 東京) 

2012  日韓現代美術交流展 (ヘイリ村/ 韓国) 

       木村克朗ゼミ展「なくはない」(海岸通ギャラリー・
CASO/ 大阪)

 

tanakaaiko_exhibition

田中愛子 Aiko Tanaka   プロフィール

植物や鉱物など有機的な形態をもとに画面を構成し、鮮やかな色彩を用いて 半抽象絵画を制作する。 京都や東京などのギャラリーをはじめ、町家空間といった様々な場所でも作品 を発表。またタップダンサー・米澤一平企画公演で舞台美術を担当するなど 絵画以外にも表現の幅を広げて活動している。 京都造形芸術大学通信教育部油画非常勤講師。 

 

1989 高知県生まれ

2014 京都造形芸術大学大学院 修士課程芸術表現専攻 ペインティング領域 修了 

 

個展

2018  candied peel(ギャラリー恵風/京都) 

    eclat Aiko TANAKA solo exhibition (hair salon AVANCE/東京 )

2017  都市を纏う ‒ clad in the city ‒ kaisu(東京)/ THE TERMINAL KYOTO(京都) 

2016  ワンダーフォーゲル (しまねものづくりセンター/島根) 

    ‒ botany ‒ (沢田マンションギャラリーroom38 /高知) 

2015  Aiko TANAKA PAINTING solo exhibition (THE TERMINAL KYOTO/京都) 

    STRATUM-STRATA (ギャラリー恵風/京都) 

2014  Rearranging the World (ギャルリ・オーブ/京都) 

2013  草片協奏曲 (ギャラリー恵風/京都) 

 

グループ展

2018  教員と卒業生の展覧会 Paintings20+(ギャラリーヒルゲート/京都) 

    爛々 ‒ ranran ‒ 田中愛子 × 阪田里都子 2人展 (THE TERMINAL KYOTO/京都) 

2017  TSJKism vol.2 ‒土佐塾OBOG展‒ (高知県立美術館/高知)  

    WAC+展 (ギャラリー菊 /大阪)

2015  若き表現者のためのコレクション展vol.3 ギャラリー菊 (大阪) 

2014  京都造形芸術大学選抜展 混沌から躍り出る星たち2014 -RADICAL PLATFORM- (スパイラルガーデン/東京) 

    TSJKism-土佐塾OBOG展-(高知県立美術館/高知) 

2013  ORA vol.5 (国立コートギャラリー/東京) 

    京都造形芸術大学大学院油画展 (CASOギャラリー/大阪) 

    SPURT展 (ギャルリ・オーブ/京都) 

                       その他多数 

kanamorimarina_exhibition

金森満理奈 Marina Kanamori プロフィール

1989 岐阜県生まれ 

2014 京都造形芸術大学大学院 芸術表現専攻 ペインティング領域 修了 

 

 

個展

 

2019 個展 開催予定(ギャラリーいまじん・岐阜)

 

2016 個展 (The Terminal KYOTO・京都) 

2013 Constellation (galleryはねうさぎ・京都) 

 

グループ展

 

2019 春の音—雨・土・光・風— (CHACHA-NOTE 水の音・岐阜) 

 

2018 ワンダーシード2018(トーキョーアーツアンドスペース本郷・東京) 

2017 ワンダーシード2017(トーキョーアーツアンドスペース本郷・東京) 

2014 セマンティックポートレイト2(Oギャラリーeyes・大阪)

      Brushes & Smudges (YOD Gallery・大阪) 

                                                          

                                他 

seramic_takaku

高久敏士さんの器

高久敏士さんの作品 白磁

陶芸家の高久敏士さんは黒田泰蔵さんに師事された後、2010年に独立。現在は千葉上総のアトリエを拠点に活躍されています。

高久さんの作品はシャープでモダン、それでいて温かみのある柔らかな印象。また、料理研究家、有元葉子さんの壺や器を手がけていらっしゃいます。お料理に映える器です。


お料理の先生のお宅で出された高久さんの器、この方の作品に魅せられもっと多くの作品を使いたい、拝見したい・・と思いました。

が、中部周辺では取り扱いのお店はありません。ネットで彼の連絡先を探すもインスタ・FB等もやっていらっしゃらなく、どうしたものかと考えあぐねていたところ、お友達が「京都のギャラリーで見かけた。」と・・ ギャラリーのオーナーに連絡先をお尋ねしたところ、作家さんの了解を得て教えてくださることになりました。そして、間も無く繋がることができ、工房のある千葉、上総へと訪ねました。主人とお友達、お料理の先生との訪問でした。

近くまできてるのに場所がわからず、スマホでお電話、直ぐに「後ろにいます。」との声。初めてお会いした高久さんとの出会い。忘れることのできない私の中に映像としてずっと残るであろう瞬間でした。

 

工房へ案内していただき、たくさんの作品を見せていただきました。白磁の中に日本的な感性のフォルムは、シャープであり、モダン、温かさや柔らかさを感じさせてくれます。彼の作家としての心意気をほんの少し垣間見ることもでき、企画展のお話、オリジナルのお話と・・進ませていただくことができました。

 

高久さんは謙虚な作家さんです。白磁に没頭され、表にでることもなくただひたすら作り続けている作家さんです。不器用なほどに・・

 

いろいろな作家さんがいらっしゃいます。熱く語ってくださる作家さん、口数少なく語られる作家さん、どちらの作家さんも大好きです。その方の心意気が伝わってきた瞬間、そして私たちの心意気が作家さんに伝わった瞬間、新しいことが始まります。

 

高久さんと私の新しいことが始まる瞬間・・ 2019.6.8〜企画展始まります。初日は在廊してくださいます。そんな高久さんと作品たちにぜひ会いにきてください。

 

 

seramic_yamada yutaro

山田勇太朗さんの急須

常滑の急須を専門とする若手陶芸家。新進気鋭の才能の持ち主です。大型の壺や鉢などを制作する常滑焼の窯元の息子として生まれた勇太朗さんは、難しい急須作家の道を選びました。

彼の急須はとても軽く、使いやすい上にフォルムも綺麗で、可愛い急須です。大きさも量的に使いやすく、日本茶のほか、中国茶にも最適です。


ceramic_miyabe

宮部友宏さんのコーヒーカップ

コーヒーカップ/宮部友宏
コーヒーカップ/宮部友宏

 

 

少しグレイッシュな感じの色合いが都会的なモダンさと陶器の持つ優しさが相まって、なんとも言えない雰囲気を醸し出してくれ,

 

シャープさと優しさが特徴。

 

 

 

¥2,160  200cc

 


アクティブG3階に「ONE OVER f  LIFE DESIGN STUDIO」がオープンしました。テーブルコーディネイトのスタジオです。先日、1day Lesson 「宮部友宏さんの器の集い」に参加してきました。宮部さんのオリジナルプレートにフランスで人気のピカールの冷凍食品を盛り付けたパーティです。

 

宮部さんから直接伺ったプレートのこと、作家生活のこと、心の中にぐぐっと作品が入ってきますね。

 

銀彩のプレートはお料理を盛り付けるとアートのよう。

エディブルフラワーを作家さん自ら盛り付けてくださっています。コースター、メニューは宮部さんの手書き



glass_tanakamotoyuki

田中基之さん ガラス作家

田中基之 水流紋 ¥3,240
田中基之 水流紋 ¥3,240

水流紋は古くから家紋や屏風・ふすまなどに描かれる水の流れを表現したものです。この作品はこの水流紋をモチーフにしたもので、通常の作品の模様より沢山の工程で左右の硝子を捻ってゆくことで、この模様は完成してゆきます。  ー田中基之ー

田中基之のプロフィールと作品

琉球ガラスに魅せられ、2004年に沖縄に移住。10年修行後 2014年に地元岐阜へ帰郷。

2015年、四季の自然いっぱいの飛騨高山にて「硝子家 すずめ」をオープン。

ショットグラス ¥1,620
ショットグラス ¥1,620
シッポグラス ¥2,160
シッポグラス ¥2,160
buchi  ¥3,240
buchi ¥3,240
精華グラスM ¥4,320
精華グラスM ¥4,320
水と泡と ¥2,940
水と泡と ¥2,940
水面ロック ¥4,104
水面ロック ¥4,104
霞 一輪挿し ¥1,944
霞 一輪挿し ¥1,944
mirage  ¥2,160
mirage ¥2,160
ペンダントライト ¥16,200
ペンダントライト ¥16,200

cuttingbord_itakura

板倉吉數のカッティングボード



tanaka shiho_artists

 

 

 

 

イタリア・フィレンツェにて4年間の修行後、轆轤の勉強のため、陶芸の産地でああるモンテルーボにて職業訓練学校に通う。現在、岐阜県土岐市にて花器を中心に器や小物の制作を手がけています。