ギャラリー水の音


開催中の展示会

ポジャギ + アート  

ポジャギで彩るアートな暮らし

 

前期  2021.3.20〜4.13     

後期  2021.4.16〜5.5(5月5日は営業)

 

ふと手にした建築雑誌の1頁、李朝の家具の上のタペストリー、その瞬間から私のポジャギが始まり、その頁は今でもまざまざと私の脳裏に浮かびます。

何も知らないまま「このタペストリーを作りたい。」という一心で調べたところ、それは韓国の伝統工芸”ポジャギ”であるとわかりました。当時は今のように本が出版されているわけでもなく、街の布屋さんに生地も売っていない。ネットで調べ、お会いしたこともない韓国の人を頼りにソウルへ飛んだのでした。

そうして、制作したポジャギを皆様が興味を持ってくださり始まったポジャギ工房、2004年のことでした。

何にも囚われることなく自由な発想の中、明るく、時には暗く、爽やかに、かろやかに作られたポジャギの作品群。色を染め、一針一針手で縫い繋いでいく、そんなポジャギの魅力に触れていただけたら幸いです。

                    板倉 倫子